スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ついに登場する、JALカーボンオフセット
fl24-1-7979

英ブリティッシュ・エアウェイズなど海外航空会社がすでに行っている、搭乗者自身が航空機の利用を通して排出した二酸化炭素(CO2)の相当量を、自らの意思で埋め合わせをすることができる「カーボンオフセット」を、環境コンサルティングの 株式会社リサイクルワン と組み2月3日から開始する。

企業が排出する二酸化炭素を企業努力で相殺する時代から、全世界の個人がそれぞれの責任で相殺する時代がやってきたと言うことなんでしょうね。

具体的には、航空券購入時に該当するフライト区間(成田、ニューヨーク間で4,000円ほど)により定められた金額をクレジット決済をする。

スポンサーサイト
【2009/01/07 00:00】 | 飛行機の窓から | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ウェッジウッド破綻 | ホーム | JAL30日に植物バイオ燃料でデモフライト >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naritaairport.blog7.fc2.com/tb.php/116-9b42d5c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。