スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
高度1万メールの上空で平行飛行
FL18-2-5662
写真の左に見えるものは、左側の水平尾翼の先端、機内からは始めてみたが結構高い位置にあります。


この 「 飛行機の窓から 」 を、スタートしてから窓の外に気を配ることが多い。上空では雲以外は見えないので、少しでも変わった雲が見えないかと自然に窓の外が気になってしまう。

座席も窓の外が見えない夜間フライトは通路側、朝や昼間の外が見えるときは、窓側をお願いすることが多くなった。

今回珍しくアッパーデッキが満席 ( 真ん中の席は空きがあったが・・・) で、1階後部の2シートの窓側 ( 65A ) にしてもらった。この機材は後部両サイド63から67までは2シートなので、窓側は少し隙間が有ってストレスが解消される。

そして、高度11900メートルのB747-400の65Aの座席の窓の向こうに見えたものは、なんと同じ旅客機が見えてしまいました !

見えはじまた時には、同じ高度の感じだったけど、観ている間にどんどん高度を上げてしまって、目上に見える感じになってしまいました。

それにしてもはじめての経験で驚き! 何かいいことが有りそうな予感がする ?


スポンサーサイト
【2008/10/19 06:35】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<沖永良部島 | ホーム | 頭上の雲>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naritaairport.blog7.fc2.com/tb.php/22-72841866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。