スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
JALクラシックジャンボ退役記念企画
FL090601-1-3679

ついに747-300型在来型ジャンボ機が全て退役するにあたって、記念の企画が計画されていますが、その企画の中でピカ一は下地島のタッチアンドゴーの見学だと思う。

時間があったら参加したいけど、すでにフライトスケジューリングされているので残念ですが不参加。

一度は行ってみたいと思っていた下地島空港だったので残念でした。

参加料金も747000円からと凝ったもので、JALの力の入れようがわかる、時間のある方はぜひ参加されては?


個人的には在来型ジャンボの退役には大賛成です、古い機材や事故機はなるべく早く退役かカーゴへ改装してもらいたいと思っています。

B747-400型のハイテクジャンボでも、機齢の高いものは早く退役願いたいです。

いくら安全とはいえ、古い機材に搭乗するときはやっぱり心配してしまう。

※ 上記写真は、退役する在来型ジャンボのSUD ( ストレッチド・アッパー・デッキ )、シートバックモニターもなく前方の大型画面を見ていたなんて今じゃ考えられない過去の事となりますね。


→→   ’747クラシックジャンボで那覇/下地島を飛ぶ2日間  

もうすぐ乗れなくなるB747-300型の写真
→→   B747-300型のアッパーデッキ 「飛行機の窓から」 2008年11月13日  
→→   B747-300型の主翼 「飛行機の窓から」 2009年2月25日  
→→   B747-300型の機内後部シート 「飛行機の窓から」 2009年3月25日  

スポンサーサイト
【2009/06/01 00:53】 | 機内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<窓拭きの気配り | ホーム | 5月の機内食 Yクラス >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naritaairport.blog7.fc2.com/tb.php/268-8994121d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。