スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
JAL経営危機の実感
FL090706-3-6854

7月に入って運良く Cクラスへのアップが続きましたので、さほど感じなかったのですが、先日のフライトは Yクラス ・・・

おやっと思ったのは、Yクラスの機内サービスの低下です。

今までですと、水平飛行に入ってから、ドリンクとおつまみのサービスがあり、引き続き機内食のサービスがあります。

このドリンクとおつまみのサービスが無くなり、水平飛行に入って即機内食サービスに入りました。

さらに機内食のうち、ガラスの器に入ったスイートな和菓子や洋菓子が無くなり、袋に入ったお菓子 ( 当日は焼菓子 ) になっていました ( 私としては決して食することの無いサラダをなくせばいいのに ・・・ )

どうせなら、今までのタイプにこだわらずに、機内食のリニューアルと称して美味しい弁当にでもした方が、両者にとって良かったのかも知れませんね!

どちらにしても、ついに経営難のしわよせが、搭乗者(お客)にまできてしまいました ・・・

今後、機内ドリンクの有料化、そして機内食の有料化まですすんでしまうのでしょうか?
そういえば無料手荷物預かりが、個数で出来るUS路線などの1個あたりの重量も32キロから23キロへ変更された。

ここまで搭乗者が実感してしまうほどのサービス低下が生じているということは、目に見えないところ ( たとえば機体整備とか ・・・ ) では、更なる変化をしてきているということなの?

こうなってくると、格安航空券を売り物にする航空会社、いわゆるLCC ( ローコストキャリア ) のイメージと、大差が無くなっていくということなのでしょうか?



おりしもJALの5月の国際線利用者数が、前年度同月比で19.8%減と過去最悪を記録 ・・・

機内サービスの低下で、利用者数が増えるとは思えないのですが?



私的には、その前にやるべきことがあると思うのですが ・・・

例えば、1分間で50リッター強の燃料を消費 ( B747クラス ) するというタキシング !

現在でもスポット離れる際だけ、タグによるプッシュバックを受け、以後は延々と滑走路までのタキシングがつづいている ・・・

この分だけで、今回の Yクラスのサービス低下をカバーできるのに余りあることは単純計算で算出できてしまうのではないでしょうか?

「 再生に向けたラストチャンス ( JAL経営再建連絡会議で金融機関側から出た言葉 ) 」 ・・・ といわれたJAL、改善計画によっては、再度の1000億円の融資はされない。


もしかして、関連会社が黒字で、本体のJALを食い物にしている ・・・ などということは無いと思いますが ・・・

JALファンの私としては、ぜひJALには再生していただきたい。

スポンサーサイト
【2009/07/11 00:33】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<7月の機内食 Yクラス B | ホーム | 今月退役のクラッシックジャンボ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naritaairport.blog7.fc2.com/tb.php/312-c6f1d1d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。