スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日本初のLCC空港

FL090723-1-7587

成田空港の近くに(と言っても隣の茨城県になるけど・・・)首都圏3番目の空港が来年開港をする。

この茨城空港、欧米では3割も占める格安航空会社(ローコストキャリア:LCC)の運行を主にするという。

LCC運行が主となる空港は日本では初めてらしい。
やっと日本にもLCCの波が押し寄せてくるのでしょうか?

1フライトが800円とかの表示に驚いてしまうLCC価格、日本にも昨年関空にセブパシフィックが乗り入れ、羽田や関空からはジェットスターが就航しています。

その為にLCCの誘致には必要不可欠な要素となる「コストの安い空港」を目さなければならない・・・

茨城空港は徹底したプランで、運営事業費の削減をおこなうらしい、例えば、飛行機の駐機は自走式として、従来の空港のようにタグ(牽引車)によるプッシュバックを受けなくても滑走路にでれる、ボーディング・ブリッジもやめ、搭乗者の乗降はタラップで、出発と到着のフロアを同じ階にするなどなど・・・

航空自衛隊・百里基地との共用空港ということもあるのでしょうが、地方空港で平均事業経費が500億円といわれる中、茨城空港では200億円程度に抑えることが出来るという・・・

このように事業経費を通常の空港の半額以下に抑えたことが、搭乗客やLCCに進出の魅力(着陸や駐機のやすさ、駐車場の無料化などなど)を与えていると言うことなんでしょうね。

今後マレーシアの「エアアジア」をはじめ、シンガポールの「タイガー・エアウェズ」などアジアの多くのLCCが就航してくれれは気軽に海外へ出ることも可能となりますね!

たまたま、このLCCの記事をネットで見たのですが、先日成田空港内の書店で手にした 「格安エアラインで世界一周 」 下川 裕治 (著) (新潮文庫) は、このLCCを利用して今年はじめ世界一周を試みた一冊、面白く読ませていただきました。

こんなに多くのLCCがあるんだ~と、驚かされました!LCCに興味のある方には、必見の一冊です!


参 考 :
→→   茨城空港  
→→   「格安エアラインで世界一周」下川 裕治 (著) (新潮文庫)   

スポンサーサイト
【2009/07/23 15:29】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<JALの企業努力 | ホーム | 久しぶりにK13連続搭乗です>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naritaairport.blog7.fc2.com/tb.php/327-4ffa0f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。