スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
JALの企業努力
FL090727-1-6488

先日のフライトは、コンフィグK61(449名)、搭乗して感じたことはJALは自らの企業努力で、徹底した経費削減を行っているということ。

これは、1000億円の融資を受けたJAL経営再建の連絡会議(国交省、金融機関などで構成)で、金融機関側からでた、「再生に向けたラストチャンス」、「国民の目線で見て理解される経営改善計画を作る必要がある」など、抜本的なコスト削減を求める意見をうけて、意識的に行われている経費削減行為とおもう・・・

新たに感じたのは、

K61のアッパーデッキを閉鎖したこと・・・アッパーデッキの乗務員の削減

昨日の様な混んでいる状況なら間違いなくCクラスエリア(Bコンの32席)を、年間800万円以上のチケット購入者であるお得意様(JMB上級会員)には開放するのですがそれを行わなかった・・・

わたしなどは年間600万円程度の利用ですが、それでもC開放は時折該当しています。

確か、BコンのCクラスシートには搭乗客がほとんどいなかった・・・Aコンの乗務員でBコンのCクラス搭乗者を対応・・・Bコンの乗務員の削減。

と、いうことなんでしょうね!

いっそのこと、ケータリングの関連会社を止めて、入札外注方式で安価な美味しい弁当にでもした方が、経費削減には役に立つと思うのですが・・・

とりあえず肥大化した関連会社を全て打ち切ることがJAL再生への第一歩のような気がしますが?いかがなものでしょうか?

ちなみに私はJALファンですが、ANAを利用してみると(国内便しか利用経験がありませんが・・)確かに、その違いが良くわかります。

海外路線は発着枠などの関係でANAが参入できないところもあるので、仕方なくJALを利用しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういう私も、当分の間利用することもないでしょうが、とりあえずANAマイレージクラブに加入しました・・・


※ ネット回線状況が悪いために画像のUPは日曜日になります。
スポンサーサイト
【2009/07/24 18:55】 | 空港 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<7月の機内食 Yクラス E | ホーム | 日本初のLCC空港>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naritaairport.blog7.fc2.com/tb.php/328-cc1eec8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。