スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
フライトアテンダント ( Flight Attendant )
FL090811-1-8451

台風の影響を受けてのフライトで、あまり気がすすまなかったのですが ・・・

こういう時っていいことないんですよね ・・・

窓からの景色もなんとなくあれた海のような感じの眼下の雲々 ・・・
フルブック状態でも Cシート開放は無し、シェルシートというのに残念 ・・・

私的には、機内食やドリンクなどの機内サービスは有料化されてもいいので、JALサイドに経費的影響の少ない Cクラスシートの開放を増やして、常連客へのサービス向上を図っていただきたいなぁ~

今回、フルブックだからもちろん隣のシートにはブロックがかかっていません、それも隣のシートは相撲レスラーのような方で、私は窮屈な思いで小さくなってのフライトでした。


そういえば気のせいか、最近フライトアテンダント ( 客室乗務員 ) の数が少なくなっているような気がしています・・・

以前は15名以上は搭乗していて、何もすることがなく居場所に困っていた客室乗務員もいたような気がします。

今回、初のこころみで搭乗前の客室乗務員数をカウントしてみました。
カウント数は11名 ( 3回もカウントしちゃいました ) ・・・

今回の機材はコンフィグL12だから、Fクラス ( Aコン12席 )、 Cクラス43席 ( Bコン21席、アッパー22席 )、 Yクラス323席 ( Cコン88席、Dコン100席、Eコン135席 ) で、客室乗務員数11名だと各エリア2名配置できない ・・・ 最小限ギリギリの人数なんでしょうね!

客室乗務員数は法律で決められているんだと思うのですが ・・・
私の記憶では、B747は12名だったような??気がします ・・・

これは非常口が12箇所あるから ?? かな ??

私の大好きなアッパーデッキが、FクラスやCクラスの場合には、非常口は2箇所ありますが客室乗務員数は1名でもいいということなんでしょうね ・・・ 合計11名でドンピシャリ !

もともと航空機の非常口数は ・・・

乗員、乗客が90秒以内に緊急脱出できるような非常口を、設けなくては旅客機として型式認証を受けられないという規定があるらしいんですね ・・・


まあどちらにしても、早く経営改善を行って正常な経営に戻ってほしい、JALの株主も困るでしょうが、一番困るのはJAL大好きの私たち利用者ですから ・・・


参考 : 非常口の話のついでに、B747の機内には事故が発生した際に、乗客が無事脱出し、救出されるのを助けるための装備品が、機内のあらゆるところに収納されているんです。

ちなみに斧も収納されているらしいのですが、一般公開されている下記の図面には記されていないですね!

→→   B747型機の救命装備品配置図  



スポンサーサイト
【2009/08/11 00:32】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<総選挙 | ホーム | 8月の機内食 YクラスC>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://naritaairport.blog7.fc2.com/tb.php/350-9613d315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。